スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment (-)

ついに来ましたよ。

いやぁ、とうとう来ちゃいましたねぇ・・・

ついに、雪が降りました。

かなり積もった所もあるようですし・・・。ハァ・・・

この時期に、こんな事してる奴は俺くらいですなぁ。

たぶん、影で笑われてるでしょうな。

20131112-1.jpg

それでも、植物は強い。

これは、大根。

20131112-3.jpg

これが、小カブかな?

20131112-4.jpg

これが、白菜のはず・・・

まだ、生きてます。

だけど、可愛そうな気もしてきた・・・

悪い人間です・・・

20131112-2.jpg

最初に蒔いた大根です。今のところ元気っぽい。

20131112-5.jpg

後2~3日この寒さが続きそう。

何とかガンバって欲しいですが。

悪い人間です・・・

では。_(_^_)_


スポンサーサイト

その後の大根。

今年も、もう2ヶ月あまり早いものです。

この辺りも、朝晩は5℃前後と冷え込んできました。

半月もすれば、タイヤ交換の時期か・・・

タイヤ買わないとなぁ・・・

--------------------------------------

さて、大根ですが、芽欠きから2週間以上過ぎました。

結構成長してくれてます。

20131029-1.jpg

これは、以外にイケるかもと期待してしまう・・・

20131029-2.jpg

低温にも比較的強い大根。

20131029-3.jpg

がんばれ~

あ!

残っていた、カブと白菜の種も、3日前に蒔いたんですよ。無謀にも。

では。_(_^_)_

訂正します。

先日紹介した、カジカの卵の醤油漬け。

”醤油と酒を1:2の割合で作ったタレに漬けるだけです。お好みでみりんを少々。”

と書いてますが、醤油が2、酒が1の間違えでした。

すみません。_(_^_)_

今年もこの季節です。

今年もこの季節が来ました!

カジカのコッコ。

コッコって卵のこと、カジカの種類は幾つかあるのですが、いわゆるトウベツカジカの卵です。

鍋壊しとも呼ばれる、鍋にしたら絶品のロックフィッシュです。

北海道沿岸では、この季節に産卵のため岸寄りしてきます。

人気のある釣りのターゲットで、投げ釣りはもちろん、ルアーにも良く反応します。

で、これがカジカのコッコ。

多分、1匹分の半分のはず。

20131022.jpg

粒の大きさは、鱒子位、イクラとトビっ子の中間ですかね。

プチプチっとした食感が特徴です。

これを、どうやって食べるのか。

やっぱり、醤油漬けがオススメです。

基本はサケのイクラの醤油漬けと同じです。


まずは、薄皮を剥くのですが、そのままだったら剥きづらいので、人肌より高い温度(50度位?)の温水に塩を入れます。

塩の量は、あまり気にしないで下さい。シジミの砂抜きする程度の濃度で。

作った塩水に1~2分程度、入れておくと薄皮が剥きやすくなります。



写真あれば、少しかわかりやすいのかも・・・

作っているうちに、また、忘れちゃいました・・・_(_^_)_


ある程度、剥がれたら水切りです。出来るだけ水分が残らないように。

ザルに採って、ある程度水切りが出来たら、ペーパーなどで十分ふき取って下さい。

出来るだけで良いのですが、水分が多いと、日持ちがしないんです。


ここまで出来たら、ほぼ完成ですよ。

後は、醤油と酒を1:22:1の割合で作ったタレに漬けるだけです。お好みでみりんを少々。

タレの量は卵の大きさにもよるのですが、ヒタヒタに漬かるくらい。

半日漬ければ食べられます。

コリコリ、プチ、あったかいご飯に乗せると絶品です。

ホント、写真無くて申し訳ありません。

では。_(_^_)_

大根の芽欠き。

10月も中旬になりますが、この辺りは比較的暖かい日が続いております。

早くしなければと思いつつも、トマトや茄子の撤去は、未だに出来ない状況・・・

種蒔きするのも、もうすでにギリギリですからねぇ・・

----------------------

発芽して2週間ほど経った大根です。

本葉も伸びてきたので、そろそろ芽欠きの頃。

20131010-1.jpg

所々、虫食いが・・・

何が食ってるのか・・・不気味です。

20131010-2.jpg

忘れた・・・芽欠き後の写真撮るの・・・

では。_(_^_)_

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。